2009年11月10日

12月から飛行機に乗る時は手荷物にご注意!

(2009年)12月1日から 飛行機に乗る場合
 
手荷物に関するルールが大きく変更になるそうです。
 
皆さん、ご存じでしたか?
 
 
今の仕事をする前に、空港グランドスタッフとして

働いていたんですが・・・
 


旅客がいれば、当然のごとく ついてまわるのが「手荷物」。
 
 
満席の便などは 受託の為に長い〜列。
 
団体客さんは、とにかく お土産物が多いので
梱包のお手伝いや、預けられるもの・

預けられないものの周知・分別の補助
 
 
実際に受託の際は お客様の鞄が壊れていないかどうか?
かなり 隅々までチェックして

ほんの小さな傷でも お客様に確認してもらい

署名をもらってから お預かりします。
 
(そうしておかないと、預けたら壊れた!
というようなトラブルになりかねないから・・・)
 
 
でも、私自身も経験した事があるのですが
案外、小さなキズというのは  自分の気付かない間に
チョコチョコと ついていたりするものなんですよね・・・(苦笑)
 
確認せずに 預けると 前からついていたキズだったとしても
 
「飛行機に乗って壊れた!」と錯覚を起こし
クレームになってしまうケースもあります。
 
 
ちょっと話が脱線してしまいましたが・・・


検査場も大混雑で、搭乗案内開始がかかっているのに

なかなかゲートまで行けず、イライラしたり

また、そのせいで遅延の原因になったり
 
飛行機に乗るにあたり、常に「トラブルメーカー」の一つといえるのが「手荷物」です。

(ここでは語り尽くせない程です(笑)


 
スタッフ立場からの書き方をしちゃったけど
これは お客側(搭乗する立場)で 置き換えたとしても
全く同じような事が言えると思いませんか?
 
 
「いちいち、分別しろって うるさい」
 
「チェックが細かくて、ウザイ」

 
とかね(笑)
 
 
 
 
さて、それでは12月から
一体 何がどう変わるんでしょう?!
 
 
ちょっと まとめてみますね。


 


<2009年12月1日より変更になる手荷物ルール>



@無料で預かる手荷物の重量 15kg20kg に変更


まあ、これは説明するまでもないですね。

例えば今まで「16キロ」だと「超過料金」を支払って
預けなければいけなかった荷物が、今後は無料に。


A超過手荷物料金が分かりやすい料金体系に 。


これまでは 路線によって かなり料金幅があったりして
確かにちょっと、わかりにくかったです。

今後は 一部路線を除き 統一されるようです。
<例:1Kg〜10Kg @2,000円>



B機内持ち込み手荷物のサイズが「国内航空会社間」で統一。
 
これ、今まで すごく問題?だった事の一つだと思います。

「航空会社間で統一」となっていますが・・・

実際には 同じ会社であっても 空港によっても
ハンドリングが微妙に異なっていたりするので
統一されにくかった(曖昧だった)という現実があります。

例えば・・・「行き」には何も言われなかったのに

帰りは「預けてくださいと言われた!」というような経験・・・


みなさん一度くらい、あるのではないでしょうか?





C出発保安検査場で、規定を超える手荷物

検査(通過)が出来なくなる → カウンター受託が必須に!
 

  
Bと大きく拘わってきそうな内容になりますが
実際、スタッフをやっていて 

一番 困ったのは これでした。

持ち込みできる手荷物の寸法(規格)は決まっていても
毎回、キッチリ 測っているわけではなかったし・・・

明らかに大きい!と思う手荷物なので

カウンターで預けてもらうように、お願いしても

「急いでいるから、どうにかそのまま通して欲しい」


と頼まれたら、そのまま見逃す事も当然ありました。
 
 

でも、もし・・・

 「運航上の何らかの事情」などで
預けてもらうよう指示がでているような日だとしたら


仮に、その同じ人が同じ鞄を持って来たとしても
その時は、どうにか説得して 預けてもらうようお願いするでしょう。 


これからは どんなに急いでいようが どんな事情があろうが

規定を超えるサイズのものは

「受託しなければならない」という事になりますね。

ちなみに 今後 統一になるサイズは

飛行機の座席数によって異なるそうです。

<100席以上の飛行機>

3辺の合計が115cm以内
(55cm×40cm×25cm以内)

 <100席未満の飛行機>

3辺の合計が100cm以内
(45cm×35cm×20cm以内)


 

今回の変更で、無料で受託可能な手荷物の総重量増加など

便利になるであろう点もありますが・・・・


 
なんといっても機内に持ち込むことの出来るサイズが
 
国内線航空会社で統一される という事と
 
保安検査場で手荷物のサイズチェックを行うようになる事。

これが 柱になると思います。

今までは 曖昧だった 「機内持ち込み手荷物サイズ」

 手荷物検査場で 規定を超え、文句を言ったり

トラブルになっている姿が目に浮かんでくるようです(^^ゞ

今度の年末年始の繁忙期は

大混乱するかもしれませんね。

前から知っていたという方

今、はじめて知ったよ〜という皆様も

 何分も並んで 手荷物を預け・・・

長蛇の手荷物検査場で やっと自分の順番になったのに

これは「持ち込みできません」と 言われ

また手荷物カウンターに逆戻り(T.T)

なんて事にならない為にも

12月以降に飛行機に乗る事があったら

事前にサイズ確認をしておくといいかもしれないですね!


 


詳しくは、ANAのサイトでご覧になれます。


https://www.ana.co.jp/dom/checkin/promotion/baggage/#C

 
 
今日の話、ちょっとはタメになったかな?
 
もし「なったよ!」って思ったら 


応援クリックお願いいです☆(笑) 
 
      ↓  

人気ブログランキングへ   
 


byくりてん

posted by わがまま社員 at 00:00| Comment(0) | 猫くりてんの独り言
古い記事は過去ログ・カテゴリから または検索機能をご利用下さい。