2004年11月16日

パトカーに停められる!の巻 後編

やがて、○富良野の市街地に さしかかった。


ここで、ちょっとだけ 寄り道?をし
友ダチへの差入れを仕入れる事に・・・。少々 時間が押し気味なのは 承知だけど
まだ、大丈夫さー。

余裕持って 時間見てるはずなんだから〜!(笑)


目的のお店に入ると、先客の おばチャマが居た。

この おばちゃま・・・
とっても のんびりノン子さんで(^^;
次の客が居る事なぞ、「まるで 気にしない」(笑)

  次は何がいいかなぁ〜

  これは 中に何が入っているの?

などと店員サンに聞きながら
迷いに迷って、商品を一つずつ
実にマイペースでゆっくり選んでいた。

ようやく、商品を決めたと思ったら

「オツカイモノだから、一つずつ全部、包装してね〜」

「あっ やっぱり これも追加していい?」

ってな 感じで、いっこうに私の番が回ってこない(笑)


会計の際には 端数の小銭を出すのに
財布に手を入れ、ジャラジャラと、
かなり長い事、時間を要して・・・

おそらく、私以上に やきもきしていたのは
お店のスタッフに違いない。

何度も コチラの様子を窺い
私の存在?をとても気にしている感じだったから(笑)

待っている立場としては
「早くしてほしいなぁ〜」と内心、ちょっぴり思ってたけど
その おばちゃまの あまりにも 悪びれない
その堂々たる姿?に不思議と
腹立たしさは、それほど感じなかった(笑)


とはいえ、
時間を気にしている私にとって そこで待たされた
10分少々の時間は、かなり長いものに感じられた・・・。


お陰で、じっくり商品を吟味する事ができ
私の買い物は すぐに終わった(笑)


そんなこんなで、
ようやく 商品をゲットし、車に戻る。






シートベルトを締め、※ベルトストッパーをセットし・・・

(※正式名?は知らないんだけど・・・・(^^ゞ
シートベルトって、ちょっと圧迫感?があって
長時間、締めてると 疲れてきませんかー?

そんな、ベルト装着時の締め付けを和らげる
ちょっとした小道具?が売られているのですが・・・
ここでは、仮にそれを「ベルトストッパー」と呼ぶ事にします。
うちの車には、ベルトストッパーがついているのです ※




さて・・・・・

ここからが ようやく 今日の本題(笑)


少し走って、踏切に差しかかった。

踏切を渡ったところに、交機(パト)が停まっているのが見えた。

あの位置にいるんだから、速度を見ているのではなく
踏切の一時停止 無視でも取り締まっているんだろうな・・・

いつもより慎重に きっちりと、 一 停 ! (笑)


ベルトだって、ちゃんとしているし
ケータイも手に持ってない・・・。


違反の「い」も、ないと信じて疑わない私は
パトの存在を気にする事なく、そのまま走り出した。


少し走ったところで
踏切の横に停まっていたパトが車道に出てきた。

私の、かなり後ろを走っていたが、前述の理由から(笑)
やはり全然、気にとめてなかった。


そのまま走り続けていると、やがて・・・
パトの赤灯が回り出したのがバックミラー越しに見えた。


あらら〜 誰か 違反で 捕まっちゃったのかな?


その行く末だけは、ちょっと気になるので(笑)
バックミラーから、パトの行動を目で追っていた・・・


だんだん 近づいてくるパト・・・

あれ??

さっきまで 間にいたはずの後続車はいなく、
気づけば私の後ろにいるパト。


その後「前の車 停まりなさい!」
・・・と いう 信じられない言葉がスピーカー越しに聞こえてきた!!


え〜〜〜!? 


な、なんで〜??!

私が何をしたっていうのぉ〜??(T^T)


と・・・

とりあえず、言われるがままに停車し
呆然としながら

「もしかして・・・!!」

思い当たる事を自分なりに思い巡らせていると
まもなく、おまわりさんがやってきた。

驚きを隠せない私は、すぐに こう言った。

「何かありました?
私、何もしてないですよね?!」

興奮して、鼓動が早くなっていくのが、解った。


「シートベルトね〜、免許証見せて」


「ベルト・・・?

・・・してるんですけど〜?!」

ちょっと強い口調で、そう返して
上着で見えにくくなっていた
ベルトをカチャ!って止めている箇所(笑)を 見せた。


不思議な顔で

「あれ?だって、さっき・・・・」


言いかけた おまわりさんの言葉で

私の想像が的中したと解った。




さっき、ベルトを締めた時
なんか、いつもより ストッパーのベルトのマチ部分
長く取りすぎちゃったなぁ〜?と 思っていた。


でも、先を急いでいたし
運転するには全く支障ないので、そのまま走り出したのだった。

そして、今、改めて見てみると・・・・

ベルトは肩に かかっておらず
ちょっと ダランとした状態になっていた。

走っている車を 遠くからチェックしていた「パト」から見たら
それは、まるで・・・「していないように見えた」のだろう。

でも、とりあえず、これで 私の無実(笑)も証明されたはずだ。

「ベルト、ちゃんと してるんですから、もう、行っていいですか?」

早く行きたいし、こんな事でいつまでも
時間をとられるのは、 やだった(笑)


でも、私の期待に反して・・・

「一応、免許証 見せてくれる?」

当たり前のように そう言って 手を差し出された。


何も違反なんか、してないのに、なんでだよぅ〜?(T^T)

そう思いながらも、言うことを聞かないと
行かせてもらえないんだろうな・・・と悟り
素直に免許証を見せる事に・・・(とほほ。。。)

なんだか、急に緊張してきてしまい
手が震えて、財布にあるはずの 免許証が探し出せない!

あっちゃー??

ますます、焦ってしまい
手が ガタガタ音をたてて 震えているのが解った。
(たぶん、おまわりさんにも私の手が震えているの バレてたと思う。。。)

自分でもワケの解らないヒトリゴトを呟きながら(笑)
必死で免許証を探る・・・

ようやく 免許証を見つけ出し
(つうか、さっきから そこにあったんだけどー(笑)

今度は、取り出そうとするんだけど
手が震えているもんだから、全然 出てきてくれない!(>_<)


たかが免許証出すのに
一体、何分かかっただろう?ってくらい!(苦笑)

まったくもう・・・
小心者は、これだから困るね?!(T^T)


免許証を確認すると
「旭川からなの?」と聞かれたので「はい」と答えた。


「こんなのつけてたら、意味ないんだよねー」と
ストッパーを指差し、イヤミの一つも言われたくらいにして・・・

私も ちょっぴり反撃して(笑)

その後・・・
ようやく解放?されたのだった(T^T)


それから、今度は、念のため
遠くから見ても「しているのが解るくらいの位置」で
ストーッパーを固定し、走りだしたが・・・


極度?の緊張と・・・

「ベルト・・・してたのに
なんで こんな目に遭わなくちゃいけないの〜?」
という悔しい気持ちがピークになっていて
体も ぽっぽか・・・なんだか熱くなってきた。

気づけば 足もガクガク 震えていて
アクセルを踏んでも、なんだか、違和感があった。


このまま走るのは、ちょっと・・・と思ったので、
近くに車を停めて  大きく深呼吸。

ふぅ。。。。。。



少し休憩して、気持ちを落ち着かせてから
また 富良野への道のりを走りだしたのでした・・・。


違反切符は切られていないとはいえ
(だって 違反はしてないもん!!)

なんだか、嫌な出来事に遭遇しちゃって
一時は、かなりテンションダウンしてしまい
どうなることかと思ったけど・・・


その後、結婚式で 友人のHAPPYシーンを見られて・・・

その後、偶然出会った友との感動!?の再会を果たし!!

いつのまにか ご機嫌は直ったのでした(爆)



おしまい
posted by わがまま社員 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ●笑える話
この記事へのコメント
パトの赤灯 ぜったいに私じゃないと思ってて捕まったこと、私もあります!
パトの姿を見て、ちゃんと速度も落としたし。
でも、私は悔しいけど速度違反でした。
少し手前から制限速度が下がってたのに気付かなかったのです。
そういう場所で待ち構えてる おまわりってズルいですよね(怒)

私も締め付けられるのイヤだから、「ベルトストッパー」はいいかも〜
Posted by ゲスト at 2004年11月17日 10:38
そらさんも、同じような経験あったんですね〜?!
あれって絶対、自分だとは思わないですよね?(笑)

うちの近くにも、同じ道路上で途中から制限速度が変わっている箇所があるんですけど・・・
そこ(制限速度が少ない方)でも、よく取り締まりをやっているのを見かけますよ〜。
いつも、思うんですけど、「待ち伏せ」して違反者を捕まえる・・・ばかりじゃなくて
「違反者を出さない or 事故を未然に防ぐよう促す?」事こそ
おまわりさんのお仕事じゃないんですかねぇ。。。?

ベルトストッパーは安いですし、オススメですよ!ただし「しているのが解る位置」で止めた方がいいかも〜!(笑)
Posted by くりてん at 2004年11月18日 01:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1430670

この記事へのトラックバック
古い記事は過去ログ・カテゴリから または検索機能をご利用下さい。