2004年03月10日

阿蘇に少しだけ近づく?旭川

場所は旭川市郊外・・・。

思わず・・・

「うわぁ〜♪」と叫びそうな光景に出会えた事がある。なんとなーーく走っていて、偶然見つけた「何か」っていうのは
当然感動も大きい(笑)


よく、旭川市が自分の街を紹介するときなんかに・・・
「大雪山系の山々を周囲に従え・・・美瑛の丘からもほど近く・・・」
と他人サマの釜の飯を食うような宣伝文句を使っているのを見かける(爆)

そういえば「大雪山」っていう山ってないんだよね。
ある「詩人」が・・・見事な山々の風景に感動し、このあたりのことを
「大雪山」と詩に詠み、いつしかそれが人々に慣れ親しんで言ったという話。
(違ったかな?曖昧な記憶が頼りです・・・念のため・・・(汗)

でも普段の生活の中で、街の片隅にいると、山々の風景は何となく目に入るけど
それほど「すごい〜〜!」と思うような景色に出会えたことは数える程もなかった。
当然、生活エリアには、邪魔者・・・?があるしね。


だけど、この時見た山々は・・・

見事なまでに ぐ〜るりと私をとり囲んでいた♪

その時 見つけた「あのあたり」からは、それほど大きな障害物もなく
ほぼ360度、周囲の山を見ることができたのだ!

しかも、その日はものすごい天気だったから、この上ない最高の気分♪
あそこまで晴れていたからこそ、くっきり、はっきり見えたんだろうけど・・・。

デジカメを撮ろうか?と思い、一度カバンから引っ張り出すも・・・
「撮っても、片方からのアングル?ではこの感動は伝わらないだろう」
と思い、そそくさと元の場所に返品・・・。

「これは見た人だけの特権だい♪」・・・と勝手に解釈(爆)

ちょっと大げさに言えば、かつて行った九州旅行で
私が一番感激したと言っても過言ではない・・・あの・・・。

やまなみハイウェイから阿蘇エリアに侵入した あたり・・・。

何気ない光景が、徐々に素晴らしい展望へと姿を変える・・・。

山々の間にすっぽり囲まれた自分の・・・なんてちっぽけなこと・・・!

そして、偉大な山々の風景に しばし見とれていたあの時・・・。

本当に気持ちの落ち着く、「また見たい」と思える眺めだった・・・。



そんな阿蘇の景観が脳裏に甦り・・・ふと懐かしく思った。

旭川で見た、「遠くにちびちび阿蘇っぽい山風景?(笑)」は、さすがに
あそこまでスケールが大きくないし・・・
(旭川の街全体という尺度でぐるり囲まれている・・・って感じかな?)

何と言っても山までの距離は遠い・・・(涙)

阿蘇の場合は、1つの部落を囲んでいる?っていうくらいの尺度で・・・?
とにかく!!すーーーぐ そこに山があったからね!

九州の他の所で見た景色でも感動はしたし、それなりに良かったけど
どこも北海道にも似たようなところあるなぁ・・・っていう気持ちを
心のどこかで感じていた。

ただし・・・阿蘇で見た風景だけは・・・?

「北海道のどこに行けばみられるのか?!」

私には、思い浮かぶ名前すらなかった・・・。

あの眺めはきっと一生忘れないでしょう。。。


でも意外なところで?
旭川でも、それなりに満足?できることがわかって
やっぱり、ちょっと嬉しかったりする(笑)


いつも「旭川は何もないです・・」が口癖で・・・
やはり、それは基本的に変わらない?ような気もするけど・・・

「何もない」なりにも、ふとしたきっかけや、タイミングから
「何か」を見つけだすことって、できるんだね・・・♪

これがわかっただけでも、収穫はあったかな?(笑)
posted by わがまま社員 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫くりてんの独り言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1430703

この記事へのトラックバック
古い記事は過去ログ・カテゴリから または検索機能をご利用下さい。