2006年11月19日

話題の美味しい♪北海道米「おぼろづき」★

お米って、どこで買ってますか〜?


スーパー?

米穀店?

それとも通販??


私は、いつも知り合いの農家から買ってます。


よく、北海道のお米は内地米に比べてイマイチ・・・

などと言われたりもしますが
私の舌には北海道米も、じゅうぶん美味しいです♪(笑)


うちの白米(笑)



いつも食べているのは「農家直送」なので
当然 全くブレンドされてない100%のお米。



だから外食とか、市販のお弁当などで食するお米と
うちで普段食べているお米を比較してみた時

うちのお米より美味しいと思えるものには
滅多に出会えません(笑)


農家の方に、聞いたところによると
一般的にスーパーなどで売られているお米は
総量の50%を超えていれば、その品種を名乗る事ができるので

たとえ、パッケージには一つの品種しか記載されていないものでも
「2〜3種類のお米が まざっていたりする事」もけっこう多いんだそう。




飲食店などでも経費面・・・もろもろを考えて
全くブレンドされていないお米を使うところは
あまりないんじゃないのかなぁ?と想像できるので

「家で食べるお米の方が美味しい」と感じるのかもしれませんね〜。




結論:

100%まじりのないお米」は、やっぱり美味しい♪



新米が出てくるようになって、少し経ちましたが
「コシヒカリに匹敵する美味しいお米」と話題の

「おぼろづき」


もう 食べましたかー?

おぼろづき

つい先日も TV番組の「おにぎりあたためますか」で
大泉洋ちゃんが食べて大絶賛していました(笑)





うちも今年から「おぼろづき」になりました。



初めて食べたときは、けっこう感動しましたね〜

色も白いし(新米だからというのもあるかな?)

粘りがあって、美味しい!


何よりも「ご飯が炊きあがってから
少し時間が経っても(一晩置いても)
あまり旨みが変わらない」のがビックリでした。






そんな美味しいお米「おぼろづき」の
特別販売・試食会

11月18(土)19(日)の2日間の予定で

11:00〜15:00
(試食タイムは両日11:00〜12:00)


開催されたのですが・・・

地図



大盛況だったようです♪

やっぱり、みんな「おぼろづき」に興味があるんでしょうね!


試食の方も大好評で「美味しい!」との
お声を多数いただきまして・・・


何個もお買い求めてされる方もいらっしゃいました!


全国各地へ地方発送も可能ですので
気になる方は、ぜひお問い合せしてみて下さい♪


★有機栽培農園 くぼ農園
東神楽町18号南5番地


お問い合せ
TEL(0166)83-3333

又は
TEL(0166)32-0277
posted by わがまま社員 at 17:43| Comment(3) | TrackBack(0) | ▼北の逸品・土産
この記事へのコメント
おぼろづきって今大注目の道産米ですよね♪
テレビによればスーパーの発売直後数分で完売したお店もあるとか?
混じりけのない純粋なおぼろづきを食べれるなんて羨ましい!!
いつしか食べれる機会があることを祈りつつ
古米の消費に励んでる日々で〜す・゚・(ノД`)・゚・

Posted by @KI at 2006年11月17日 23:35
今年結構話題になってますよね。おぼろづき。
美唄生誕なんですよね。
私は学校で生産したものを入手しました。
さすがにマジリケナイト思うのですが。。。
もし混ぜてたら一揆起きるでしょう。
Posted by じょじょっち at 2006年11月18日 00:34
@ki
「おぼろづき」は今、すごい話題だよねー。
まだそこまでたくさん作られているわけでは
ないみたいだから、競争率が高いのかも?
来年は、もっと生産する量が増えるでしょうね!

うちも、まだ少し古米が残っているので
ブレンドしながら食べてまーす。
それでも、ぜんぜん味が違うんだよねー
ほんとにおいしいお米です♪

じょじょっちさん
新聞やテレビのニュースでもちょくちょく
取り上げられていますよね〜。
美唄で誕生した、というのも何かの記事で
見かけました!学校でも作られているんですね!
まじりのないお米は、本当に美味しいでしすよね!
Posted by くりてん at 2006年11月19日 21:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1742098
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
古い記事は過去ログ・カテゴリから または検索機能をご利用下さい。