2009年08月01日

「週末鉄道紀行」を読んで

先日紹介した元同僚の本を読みました。

面白かったです!


まず自分とは違う目線で旅をしてるのだな〜と…


私は生まれも育ちも旭川。

 

旭川?いや北海道は車がなければ交通の便が非常に不便です。

ですので列車自体に馴染みがありません…

市内の移動も車かバスもしくはタクシー。

唯一列車の移動は札幌に行く時乗るか乗らないか
(ほとんど車で行きます)

多分皆さんも同じでしょう。
道内どこか遊びに行くとなれば車…


でも彼の本の中に、東京〜稚内までの列車の旅がかかれてました。

それを読んで、何故時間をわざわざかけて列車なのか??

彼は列車を目的地に行く足代わりでわなく、

列車が好きだから乗ってる自体が旅みたいです。

色んな景色を眺めながら…
また旅での出会い…

でもそれも悪くないな〜と感じました。


彼の様には行きませんが、列車に乗って

景色等を眺めながら目的地まで行ってみたら、

車とは違ったものが見えてくるのかな〜

と読み終えた時、今度時間のある時、

列車の旅を試みようと考えてる自分がいました。


私とは違った視線からの旅!

面白い一冊でした。


本のタイトルは 週末鉄道紀行 です。

 



営業マン

 


ブログランキング 


 
 

posted by わがまま社員 at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯電話営業マン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
古い記事は過去ログ・カテゴリから または検索機能をご利用下さい。