2006年02月16日

(小清水町)小麦色の街から@すがの商店

はじめて 東藻琴村の乳酪館に行った時
偶然買った「生ドラ」がとっても美味しくて
それ以来、大ファンになった。

これは すがの商店という菓子店で作られているものだけど
いつしか東藻琴の名物菓子となり、人気お土産になった。

そして、ある時 何かで みかけた特集記事
その内容を曖昧な記憶を頼りに書いてみます。
(間違っている情報があるかもしれませんので、ご了承下さい)


***********************************************

この人気名菓「生どら」を生み出した
東藻琴に続け!とばかりに動き出した
隣町 小清水町のホクレン(Aコープ)。

すがのさんの商品以上のものを作りたいと
素材は地元産にこだわり、更に厳選し
同店に その商品開発を依頼したのだそう。

同店の店主は
「そんな素材を変えたところで、作り方は同じなんだから
味なんか、変わらないと思うよ」と 言っていたんだそう。

でも、フタを開けてみると店主は一転
「いやぁ〜 まいったよ〜 うちのより美味しくなちゃったな〜」
そういって苦笑したのだそう。


***********************************************



この記事を読んだ時から、絶対食べてみたいと思っていたんだけど
小清水は旭川からだと、それなりに遠い場所だし
どこかの帰り道に通れるような位置にはない。
(そのために行かないと、買えない)

そんなところで、なかなか実現できなかったんだけど
ようやく念願かなって ゲットする事ができました!


それがAコープ小清水で発売している生ドラ
ネーミングもちょっと素敵な「小麦色の街から」

kosimizu.jpg


本家本元の「生ドラ」ももちろん美味しいし
作り方は同じなんだから、同時に食べ比べでもしてみないと
明確な事は言えないけれど・・・


甘すぎない生クリームと
あんこの絶妙のバランスはもちろんだけど
何より この皮がすごく美味しいんだよね〜!

元祖より 一層 生地がしっかりしていて
ずっと美味しいと私は思いました。



わたしが食べた事のある「生どら」の中では
ナンバーワンかも?(笑)

なんてったって作った店主 ご本人も
それは認めているくらいなんだからね!(笑)


小清水に行く機会があったら是非ともお買い求めいただきたい
イチオシのお菓子です♪

Aコープ(スーパー)内のサービスカウンターで
取り扱っています!

Aコープ小清水のサイト こちらです


banner_02.gif
posted by わがまま社員 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 スイーツバースデー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/424153
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
古い記事は過去ログ・カテゴリから または検索機能をご利用下さい。